【ビジネスワイヤ】医療機器会社のレスメドとフィッシャー&パイケル・ヘルスケアは、両社の間で争われていた世界各地の訴訟で和解したと発表した。この和解により、両社とも損害賠償の支払いや訴訟費用の相手方への請求を行わず、すべての訴訟を取り下げる。これにより、レスメドのAirSenseフロー・ジェネレーター、AirFit・P10、Swift・LTおよびSwift・FXマスク、ClimateLine加温チューブ、フィッシャー&パイケル・ヘルスケアのSimplus、Eson、Eson2に関して、今後特許権侵害訴訟が起こされる可能性はなくなった。(C)時事通信社