新型出生前診断の指針改定の動きを受け、日本ダウン症協会が出したコメントの主な内容は次の通り。
 検査の進化や実施について否定はせず、検査を受ける、受けないに関する妊婦やカップルの個別の判断に対して、是非の表明は行いません。ダウン症のある方や家族が生きづらさを感じるとしたら、「障害」によるのではなく「社会的障壁」によるものだと思います。検査の運用が社会的障壁を強化しないよう望みます。検査機関でもなく日本ダウン症協会でもない、第三者的な相談窓口の整備が絶対的に必要だと考えます。 (C)時事通信社