健康な人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作り、けがや病気で角膜が傷ついた患者に移植する大阪大チームによる世界初の臨床研究計画を、厚生労働省の専門部会が5日、大筋で了承した。チームは早ければ6月にも1人目への移植を行う。
 大阪大の西田幸二教授らのチームは京都大からiPS細胞の提供を受け、角膜の細胞に変えて厚さ約0.05ミリのシート状にする。その上で、角膜を作る細胞が失われ、視力が低下した「角膜上皮幹細胞疲弊症」の重症患者に移植。腫瘍ができないかなどの安全性と効果を1年間検証する。
 チームによると、患者は20歳以上の4人。移植する細胞数は300万~400万個と、健康な人の目に存在する量と同程度だ。患者の目に定着し、角膜の細胞を作り続けて視力回復などの効果を生むと期待されるという。 (C)時事通信社