【ソウル時事】韓国で微小粒子状物質PM2.5による大気汚染が深刻化する中、文在寅大統領は6日、中国と共同で人工降雨を実施するなど、対策を検討するよう関係部署に指示した。韓国大統領府の金宜謙報道官が発表した。
 韓国の大気汚染をめぐっては、車などの排ガスのほか、中国大陸からの黄砂の影響も指摘されている。文氏は「韓中環境相会談で既に、人工降雨に関する技術協力で合意している。中国側の技術力がはるかに先行しており、黄海上空で人工降雨を実施する方策を推進する」と述べた。また、中国と共同でPM2.5による大気汚染予報システムの構築も進めるよう求めた。 (C)時事通信社