【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモ(NASDAQ:MASI)は、同社の脳機能モニター「SedLine」次世代版が小児適応でCEマークを取得したと発表した。SedLineは脳波検査(EEG)信号処理パラメーター「患者状態指標」(PSi)の生成機能を持つ。次世代版にはPSiが筋電図検査(EMG)の影響を受けにくいなどの利点がある。小児専用の信号処理エンジンによってPSiが改善される。(C)時事通信社