福岡県春日市の小児歯科医院で2017年7月、虫歯治療後に山口叶愛ちゃん=当時(2)=が死亡した医療事故があり、県警捜査1課などは7日、麻酔後に適切な措置を怠ったとして、業務上過失致死容疑で、当時院長だった歯科医師の男(53)を福岡地検に書類送検した。県警は認否を明らかにしていない。
 送検容疑は17年7月1日、局所麻酔薬を使った虫歯治療の後、女児の容体に異変が生じたのに、適切な救命措置を施さず、同3日に急性リドカイン中毒による低酸素性脳症で死亡させた疑い。
 同課によると、叶愛ちゃんは治療後、待合室で意識を失ったり、けいれんを起こしたりした。治療を行った歯科医師から引き継ぎを受けていた院長に両親が異変を訴えたが、「治療後はよくあることだ」と判断し、酸素マスクを取り付けるなどの適切な救命措置をしなかったという。 (C)時事通信社