【ビジネスワイヤ】機械学習技術のノルウェー企業オンコイミュニティーは、機械学習に基づく同社の新生抗原予測技術の臨床使用で初のCE-IVDマークを取得したと発表した。今回の認定により、同技術を個別化がん免疫療法に使用できる品質が認められたことになる。提携先が同技術を活用してがん免疫療法プラットフォームを開発する場合も申請がスムーズになる。(C)時事通信社