【ビジネスワイヤ】クラウド・コンテンツ・マネジメント・サービスのボックスジャパン(東京都千代田区)は、同サービス「Box」の機能をカスタム式で拡張できる「Box Platform」の国内提供を4月1日から開始すると発表した。米国では2015年に提供が開始され、ビジネスアプリケーションとの統合などに活用されている。日本でも数社が先行して導入済み。旭化成ホームズ(東京都千代田区)は機密性の高い文書を管理するシステムの開発、エムスリーデジタルコミュニケーションズ(東京都中央区)は医師向けリモート・プレゼンテーション・サービスの開発で活用した。(C)時事通信社