【ビジネスワイヤ】個別化がん免疫療法向け機械学習技術のノルウェー企業オンコイミュニティーは、個別化がんワクチン開発の米フロー・ファーマと提携したと発表した。フロー・ファーマは新生抗原に基づくがんワクチンを開発するためのプラットフォーム「FlowVax」を持つ。オンコイミュニティーは同社の新生抗原予測ソフトウエア「Immuneoprofiler」を同プラットフォーム向けにカスタマイズする。同ソフトはCE-IVDマークを取得済み。(C)時事通信社