【ビジネスワイヤ】ヘルスケア機器のPHC(東京都港区)は、アルフレッサ(東京都千代田区)および富士通エフ・アイ・ピー(東京都港区)と、特殊医薬品流通管理のIoT(モノのインターネット)プラットフォーム構築を検討する基本合意契約を締結したと発表した。アルフレッサは医薬品の流通ネットワーク、富士通は医療向けクラウドサービス、PHCは薬用保冷庫などに強みを持つ。3社の技術を基にRFID(無線識別)やクラウドなどを活用して、新プラットフォームの構築を検討していく。(C)時事通信社