大阪市は19日、特別養子縁組をあっせんするNPO法人「全国おやこ福祉支援センター」(同市)について、「養子縁組あっせん法」に基づき、あっせん事業の許可を出さないことを決めた。養親希望者から過大に金銭を徴収するなど営利目的だったと判断した。
 厚生労働省によると、2018年度の同法施行により、民間のあっせん団体が届け出制から許可制となって以降、不許可は初めて。
 同法人は14年からインターネット上で養子縁組のマッチングを行い、これまでに100件以上を成立させたという。昨年9月、市に許可申請していた。 (C)時事通信社