日本年金機構の世田谷年金事務所長を務めていた男性職員が、ツイッターで差別的な投稿を繰り返していたことが25日、分かった。同機構は同日付で、この職員を本部人事部付に更迭した。
 機構によると、24日に職員から、ネット上で外国人に対する差別的な投稿を匿名で行っていたとの報告を受けた。本人は「不適切な表現だった」と説明したという。 (C)時事通信社