【ビジネスワイヤ】呼吸器疾患治療向けクラウド接続デバイスの米レスメドは、家庭用医療機器企業向けの次世代自動補充ソリューション「ResMed・ReSupply」を発表した。同ソリューションは睡眠時無呼吸患者の長期PAP(気道陽圧)治療アドヒアランスを向上させ、患者満足度を高めるためのもの。自動補充プログラムへの患者組み入れを自動化し、単一のダッシュボードで患者の補充ニーズすべてを管理する。(C)時事通信社