内閣府は29日、40~64歳の中高年を対象に初めて実施した「引きこもり」に関する調査結果を公表した。それによると、引きこもり状態にある人は全国で61万3000人いると推計され、8割近くが男性。引きこもり期間は51%が5年以上だった。
 調査は昨年12月、全国の男女5000人を対象に調査票を配布、回収する方式で実施した。有効回答は3248人(回収率65.0%)。このうち引きこもりに該当する人は47人で、有効回答に占める比率と総務省の人口推計(40~64歳は約4235万人)を掛け合わせて算出した。
 引きこもり状態にある人のうち男性は76.6%、女性は23.4%。引きこもり期間は「3~5年」(21.3%)が比較的多く、「30年以上」も6.4%いた。引きこもりが始まった時期は20代27.7%、30代8.5%、40代21.3%、50代19.1%などと各年代に広がった。
 引きこもりのきっかけは「退職」の17人が最多。「人間関係がうまくいかなかった」と「病気」が10人で続いた。以前引きこもりだった人に脱したきっかけを尋ねたところ、「再就職した」「友達に趣味に誘われた」といった答えが目立った。 (C)時事通信社