【ビジネスワイヤ】医療関連ブロックチェーンのメディキ(MEDIKEY)は、同社のブロックチェーン・ネットワークで報償を得る方法について発表した。報償は健康情報の共有とミッションの達成によって得ることができる。参加者は同社ポータルの「メディキポータル」でメディカル・ヘルス・ストーリー情報を共有し、参加者の投票によって情報の重要性が評価される。参加者はまた、システムが提示する健康維持のためのミッション・スケジュールと目標に従った行動を取る。このような活動を通じて、コイン「MEDIKEY」と採掘証明権(COM)が参加者に提供される。(C)時事通信社