厚生労働省は5日、インターネットで販売されている健康食品から、勃起不全の医薬品成分が1回の最大用量の5倍近く検出されたと発表した。同省は、成分の過量服用などで健康を害する恐れがあるとして、直ちに使用を中止するよう呼び掛けている。
 検出された医薬品成分はタダラフィル。健康食品の製品名は「MIRACLE ENERGY COFFEE」と「MI-MAGコーヒー」で、日本向けの販売サイト名はそれぞれ「元気珈琲-Power and Beauty-」と「個人輸入代行店DD-MART」。いずれも4パック入りで、お湯などで溶かして飲む。
 国内で承認されているタダラフィルを含む医薬品の用量は1日1回5~20ミリグラムだが、2製品には1パック当たり95~96ミリグラムが含まれていた。血管を拡張させる効果があり、頭痛や火照りなどの副作用があるという。 (C)時事通信社