【ビジネスワイヤ】がん個別化治療の推進に取り組む国際団体のWINコンソーシアムは、WIN初のがん個別化治療臨床試験WINTHERの結果がネイチャー・メディシン誌に掲載されたと発表した。世界の医療機関が参加したWINTHERでは、進行固形がんを対象に包括的な腫瘍プロファイリングによる治療の個別化を検討。DNAとRNAのプロファイリングを併用することで、従来のDNAのみと比べてマッチング率が向上した。また、マッチングの程度と無増悪生存期間との間に相関関係が見られた。 (C)時事通信社