トレーニングジムを運営するRIZAP(ライザップ)グループは24日、カルビー会長などを歴任した松本晃取締役(71)が6月22日付で特別顧問に退く人事を発表した。プロ経営者としての手腕を見込み、昨年6月、代表権のある最高執行責任者(COO)に招いたが、わずか1年で退任となった。
 RIZAPは、買収した企業の業績が悪化し、2019年3月期の連結純損益が70億円の赤字に転落する見通し。立て直しを進める中で、松本氏は1月に代表権を返上し、同社は取締役を12人から5人に減らすなど経営体制も同時に刷新した。新設の取締役会議長に6月22日付で元住友商事副社長の中井戸信英氏(72)を起用する。 (C)時事通信社