政府は25日、アフリカでの医学研究や医療活動で顕著な功績を収めた研究者らを表彰する「野口英世アフリカ賞」の第3回受賞者2人を発表した。授賞式は、第7回アフリカ開発会議(TICAD)に合わせて8月30日に東京都内で開かれ、それぞれに賞金1億円が贈られる。
 受賞者は、コンゴ国籍でキンシャサ大教授のジャンジャック・ムエンベタムフム博士(77)と、ウガンダ国籍で「グローバルヘルスと社会変革のためのアフリカセンター」所長のフランシス・ジャーバス・オマスワ博士(75)。ムエンベタムフム氏は、エボラ出血熱の拡大を防ぐ遺体埋葬法を広めるなど感染症対策に取り組んだ。オマスワ氏は医療・保健分野の人材育成に貢献した。 (C)時事通信社