京都府長岡京市は7日、腸管出血性大腸菌O157に感染した5歳女児が4月30日に死亡したと発表した。女児が通う市立滝ノ町保育所では、他に4~5歳の園児4人と家族4人にO157感染が確認された。
 市によると、女児は15日に下痢や嘔吐(おうと)を訴えて同保育所を休んだ。18日にO157への感染が確認され、入院していた。
 同保育所では15日に女児を含む園児3人が下痢などを訴え、その後、家族らの感染を確認。死亡した女児以外は快方に向かっているという。 (C)時事通信社