【ビジネスワイヤ】コンサルティング大手の米アーサー・D・リトルは、ヘルスケア産業の将来予測に関する報告書を発表した。治療手法は万人対応型ではなく個人特性に応じた標的型が重視され、2026年までに世界の遺伝子検査市場は500億ドルに達すると予測。病院での長期治療が行われなくなる傾向が続くとみられ、一部の慢性疾患は治療可能となる。分子生物学、人工知能、デジタル化などの技術進歩に対応して、ビジネスモデルも進化させる必要があると指摘している。(C)時事通信社