埼玉県戸田市の皮膚科クリニックで、無資格のパート従業員がレーザー脱毛の医療行為をしたとして、県警生活経済課と蕨署は9日、保健師助産師看護師法違反の疑いで、男性院長(74)とパート従業員4人を書類送検した。いずれも容疑を認め、院長は「医療脱毛機の操作は簡単なので、施術させていた」と話しているという。
 送検容疑は、2015年10月~17年4月、医師の資格がない従業員4人が院長の指示で、30~50代の女性4人にレーザー脱毛などをした疑い。
 県警は、診療でやけどを負ったとの被害相談を受け、捜査していた。 (C)時事通信社