MTGの松下剛社長は14日、東京証券取引所で記者会見し、中国子会社の会計処理について監査法人が疑義を指摘して承認を渋っていたにもかかわらず、10日に2018年10月~19年3月期決算を発表していたことを明らかにした。売り上げの計上時期を遅らせるべきではないかとの指摘を受けていたが、「大丈夫と思って発表した」という。 (C)時事通信社