厚生労働省は15日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関、中医協)で、従来の治療が効かなくなった白血病やリンパ腫の患者に対する新たな治療薬「キムリア」への公的医療保険の適用を提案し、了承された。国内の販売価格は3349万3407円で、保険の対象とする薬では最高額となる。22日から適用される予定。
 米国では約5000万円と非常に高額で、日本での価格設定に注目が集まっていた。
 キムリアはスイスの製薬大手ノバルティスファーマが開発。患者の免疫細胞に遺伝子操作を施した上で体内に戻し、がんを攻撃する「CAR-T細胞療法」で用いられる。特定の白血病とリンパ腫患者で、通常の抗がん剤治療の効果が得られなかった場合などに投与され、日本の対象患者についてはピーク時で年216人、販売額は72億円と見込まれている。投与は1回で済む。 (C)時事通信社