【ビジネスワイヤ】武田薬品工業とロンドン大学衛生熱帯医学大学院(LSHTM)は、寄付講座の教授職「Takeda Chair in Global Child Health」の創設について発表した。同教授職はLSHTMで初めて企業が全面支援する寄付講座の教授職で、武田が300万ポンドを寄付する。子どもの生存と健康にかかわるLSHTMの革新的な研究を支援することが狙い。採用プロセスは今月から開始され、資金は継続的に提供される。(C)時事通信社