がん細胞の転移を促進したり、抗がん剤耐性を強めたりするたんぱく質に結び付き、その働きを止めるペプチド(アミノ酸の結合体)を金沢大や東京大などの研究チームが発見し、17日付の米科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジー電子版に発表した。転移しやすいがんの治療や診断への応用が期待できるという。
 本来は肝細胞などの再生を担う肝細胞増殖因子(HGF)というたんぱく質は、がん細胞の近くでは活性化し、受容体に結合して転移や薬剤耐性獲得を促進することが知られている。
 金沢大ナノ生命科学研究所の松本邦夫教授らは、活性化したHGFにだけ結び付く環状ペプチド「HiP-8」を発見し、合成に成功。HiP-8が結合したHGFは受容体への結合能力を抑えられることも分かった。
 研究チームは、放射性物質を結び付けたHiP-8をマウスに投与。HiP-8はHGFの多いがん組織に集まるため、陽電子放射断層撮影(PET)でがんを可視化することもできた。 (C)時事通信社