日本列島は25日、高気圧に覆われて全国的に晴れ、気温が大幅に上がった。気象庁によると、午後に大分県竹田市で35.0度を観測し、今年全国で初めて35度以上の猛暑日となった。全国観測点のほぼ半数が30度以上の真夏日となり、竹田市をはじめ、5月の観測史上最高気温を更新する所が続出した。
 日本列島の上空には暖かい空気が流れ込み、26日は暑さのピークとなって猛暑日の所が増える見込み。気象庁は北海道と東北、関東甲信、東海、近畿に高温注意情報を発表し、冷房を使ったり、水分をこまめに補給したりして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。
 竹田市に続いて25日の気温が高かったのは、京都府舞鶴市が34.6度、岐阜県多治見市と愛媛県大洲市、大分県豊後大野市が34.5度。主要都市の最高気温は東京都心(千代田区)31.9度、名古屋33.9度、大阪32.4度、福岡31.6度だった。 (C)時事通信社