高齢者の介護予防推進に向けた厚生労働省の有識者検討会(座長・遠藤久夫国立社会保障・人口問題研究所長)が27日、都内で初会合を開いた。地域で高齢者らが交流し、介護予防効果が期待できる「通いの場」の活用拡大策などをテーマに議論を進める。 (C)時事通信社