中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関、中医協)は29日、がん患者の遺伝子を調べて最適な治療法や薬を選ぶ「がんゲノム医療」の検査システムに公的医療保険を適用することを承認した。公定価格は56万円で、保険適用後は原則1~3割負担で使える。6月1日から適用される予定。
 従来の検査ではごく一部の遺伝子しか調べられなかったが、今回保険適用される「遺伝子パネル検査」では、100以上の遺伝子の変異を一度に調べることが可能。検査結果は、個々のがん患者に投与する抗がん剤の選択などに役立てられる。中外製薬とシスメックスがそれぞれ検査システムへの保険適用を申請していた。
 保険が適用されるのは、手術や放射線治療など効果が広く認められている「標準治療」を終えるなどした一部のがん患者。国が指定したがんゲノム医療の中核拠点病院11カ所と連携病院156カ所で実施する。 (C)時事通信社