熊本県八代市の介護老人保健施設で、常勤医が不在だった昨年2~5月に、入所者11人が亡くなっていたことが1日、施設への取材で分かった。常勤医の配置は条例で義務付けられており、県は昨年、2度にわたり勧告していた。
 施設は医療法人社団「優林会」が運営する「アメニティゆうりん」(定員85人)。条例は入所者100人以下の場合、常勤医を1人以上配置するよう義務付けている。
 施設などによると、亡くなった11人は86~100歳の男女。常勤医が昨年1月に病気で休職した後、6月に後任が配置されるまで、法人の理事長を務める林邦雄医師(76)が別の病院と掛け持ちで診察を担当していた。
 林医師は取材に対し、「8人は老衰死。対応は適切だった」と説明している。
 一方、県が今年5月に施設の実地指導を行ったところ、同4~5月にも入所者8人が亡くなっていたことが新たに判明した。県は監査を実施し、施設の運営に問題がなかったか調べている。 (C)時事通信社