コンタクトレンズの販売価格を広告に記載しないよう販売店に強要したなどとして、公正取引委員会は11日、独禁法違反(不公正な取引方法)の疑いで、日本アルコン(東京都港区)など大手メーカー3社を立ち入り検査した。他に立ち入りを受けたのは、クーパービジョン・ジャパン(同)とシード(文京区)。
 関係者によると、3社は各地の販売店に対し、一部の使い捨てコンタクトレンズなどについて、チラシやインターネット広告に販売価格を記載しないよう強要したり、ネット販売を禁じたりした疑いが持たれている。
 従わない場合には出荷停止の可能性もあるなどと卸売業者らを通じて圧力をかけていたとみられる。販売店はチラシなどで一部商品の具体的価格を伏せ、「特別価格」「店頭価格から10%オフ」などと表示していた。 (C)時事通信社