【ビジネスワイヤ】整形外科技術大手の米Bioventusは、組織バンクの米MTF・Biologicsと共同開発契約を締結したと発表した。共同開発するのは疼痛性の筋骨格疾患を治療するための次世代胎盤組織製品。胎盤組織の成長因子などには身体の自然な治癒を支える能力があり、これを活用する。まずは変形性膝関節症に取り組む。(C)時事通信社