自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は13日、老後資金に2000万円が不足すると試算した金融庁の報告書をめぐる問題について、「今回のことで年金をタブーとしないで(ほしい)」と述べ、制度に関する議論を深める機会にしたいとの考えを示した。党本部で記者団に語った。
 小泉氏は、年金問題を議論することで「(国民の制度に対する)不安をゼロにはできないが、小さくすることはできる」と強調した。 (C)時事通信社