麻生太郎金融相は14日の閣議後記者会見で、老後に2000万円の蓄えが必要だと試算した金融庁報告書に関し、「(数値など)報告書の表現について(事務方による)調整が抜けたことが問題だ」と述べた。
 その上で「公的年金制度が危ないかのごときにとられる表現は不適切。現実は違う」と改めて強調。報告書の受け取りについては「不安がさらに広がることになる」と判断し、拒否したと説明した。 (C)時事通信社