麻生太郎金融相は14日、衆院財務金融委員会に出席し、老後資金として年金以外に2000万円の蓄えが必要だと試算した金融庁の審議会報告書について、「政策遂行の参考にすることはない」と強調した。「2000万円の蓄え」に関しては「(事務方から事前に)聞いていない」と述べた。自民党の越智隆雄議員や国民民主党の緑川貴士議員への答弁。
 野党は同委で、「政府のスタンスと合わない」として報告書の受け取りを拒否した麻生氏の対応を批判。立憲民主党会派の大串博志議員が「受け取らない権限が担当大臣にあるのか」と追及した。これに対し、麻生氏は「受け取らなければいけないとか、尊重しないといけないという規定はない」と反論しながらも、「(報告書をまとめた)作業部会で引き続き審議するのは自由だ」とも述べ、報告書の修正・撤回の判断は、審議会に委ねる意向を示した。
 麻生氏は受け取りを拒否した理由について、「(家計収支を)単純に比較したのはミスリーディング(誤解を招く手法)だ」と説明。根本匠厚生労働相や官邸サイドと相談せず、独断で決めたと明らかにした。
 さらに、社会保障を立て直す国民会議会派の松原仁議員は「内閣の考える方向性と一致しないと、(報告書を)受け取らないなら、審議会は忖度(そんたく)が横行する」と懸念。麻生氏は「異例の事態が生じているからで、これが理由で忖度が増えるとは考えていない」と応じた。 (C)時事通信社