麻生太郎金融相は14日の衆院財務金融委員会で、自身の年金受給について「受け取っていないと思う」と述べた。その上で、「年金がもらえるか心配したことはない」と話した。立憲民主党会派の大串博志氏への答弁。
 麻生氏は、「受け取る、受け取らないは秘書に任せている」と述べ、事前通告がないため正確な状況は分からないと釈明。こうした答弁に大串氏は「国民の不安に寄り添う発言とは思えない」と批判した。 (C)時事通信社