政府は18日の閣議で、2019年版の高齢社会白書を決定した。60歳以上の人に外出時の移動手段を複数回答で聞いたところ、「自分で運転する自動車」が56.6%と最も多く、うち1割超の人が年齢や体の支障にかかわらず、運転を続ける意思を持っていることも分かった。
 調査は18年11~12月に3000人に行い、1870人から回答を得た。自分で運転する車の次に多かったのは「徒歩」(56.4%)、「自転車」(22.4%)だった。
 自分で運転する車を外出手段とする1058人に利用頻度を尋ねたところ、「ほとんど毎日」は67.4%で、80歳以上でも5割以上の人がそう答えた。都市規模別では「ほとんど毎日」と答えた人は大都市の50.0%に対し、町村では75.5%と高く、マイカーは地方の高齢者の重要な移動手段になっている実態が改めて示された。
 今後の運転について聞いたところ、「一定の年齢になったら」やめるとした人が40.4%、「視力の低下などにより運転の支障を感じたら」が39.8%。一方で「年齢や身体的な支障の有無にかかわらず、車の運転を続けようと思っている」と答えた人は11.5%いた。
 白書は、75歳以上の運転免許保有者10万人当たりの死亡事故件数が「減少傾向にある」としたが、18年は75~79歳が8.2件、80歳以上が11.1件と、前年の7.7件、10.6件を上回った。 (C)時事通信社