【シドニー時事】オーストラリア南東部ビクトリア州で19日、終末期の患者に対する安楽死が解禁された。同国の州が「死ぬ権利」を認めたのは初めて。原則として余命半年以内と宣告された住民は、投薬による死を自発的に選ぶことができる。
 対象は同州に1年以上住む18歳以上で、不治の病気や耐えがたい苦痛などを抱える患者。2人の医師の診断などを経て安楽死が認められる。州議会は2017年11月、実施法を可決。1年以上の導入期間を設定して入念に準備を進めてきた。 (C)時事通信社