化粧品や健康食品、医薬品の開発・販売を行う新日本製薬(福岡市中央区、後藤孝洋社長)は27日、東京証券取引所マザーズに株式を上場する。公募、第三者割当増資などで計約13億8300万円を調達し、データベースマーケティングの効率化、新商品開発、SNSの広告媒体開発などに充てる。 (C)時事通信社