財政制度等審議会(財務相の諮問機関)がまとめた建議(意見書)をめぐり、原案段階にあった「基礎年金給付水準が想定よりも低くなることが見込まれる」との記述が最終的に削除されていたことが20日、分かった。
 公的年金だけでは老後資金が2000万円不足すると指摘した金融審議会作業部会の報告書が批判を浴びた問題を受けて、事務局を務める財務省などの意向で表現を修正した可能性がある。菅義偉官房長官は20日の記者会見で「(文言が)審議の中で変わるのは通常のことだ」と強調したが、野党が終盤国会で追及を強めるのは必至だ。 (C)時事通信社