スポーツジム運営のRIZAP(ライザップ)グループは22日、東京都内で株主総会を開いた。同社は買収した企業の業績悪化で2019年3月期の連結純損益が193億円の赤字となり、無配に転落。瀬戸健社長は「赤字に陥ったことを反省する」と謝罪した上で、20年3月期について「黒字にならなかったらこの場にはいない」と述べ、進退を懸け再建に取り組む考えを示した。
 プロ経営者として迎え入れられたものの、わずか1年で退任する松本晃取締役(元カルビー会長)は、「今なら少し軌道修正すれば、成長軌道に戻れる」と指摘。瀬戸社長については「対立は確かにあったが、憎み合うことは一度もなかった」と振り返った。 (C)時事通信社