【グローブニューズワイヤ】進行性血管石灰化障害の治療に重点を置く臨床段階のバイオ製薬企業であるSanifitは26日、総額7220万ユーロのプライベート資金調達を完了したと発表した。この資金調達は、スペインのCaixa Capital Riscが主導するシリーズDラウンドにおける5520万ユーロと、最近行われた1700万ユーロの転換社債による資金調達で構成される。Sanifitは今回の資金調達により、カルシフィラキシーとも呼ばれる尿毒症性細小動脈石灰化症(CUA)を治療するためのリード医薬品候補「SNF472」の臨床開発を前進させることが可能になる。(C)時事通信社