厚生労働省は27日、医道審議会医道分科会の答申を受け、刑事事件で有罪が確定するなどした医師9人と歯科医7人の計16人に対する行政処分を決めた。発効は7月11日。
 納入業者から約940万円分の利益供与を受けたとして、収賄罪で実刑となった京都大大学院薬学研究科元教授の辻本豪三医師(66)=東京都世田谷区=は業務停止2年とした。女性にわいせつな行為をしてけがをさせたとして、強制わいせつ致傷罪で有罪となった橋本隆志歯科医(44)=滋賀県草津市=は免許取り消しとなった。
 他に、医師7人が1カ月~3年、歯科医4人が3カ月~2年の業務停止となり、医師1人と歯科医2人が戒告処分を受けた。
 分科会には20人が諮問されたが、4人については厳重注意にとどめた。 (C)時事通信社