【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は27日、キヤノンが東芝の子会社だった東芝メディカルシステムズを2016年に買収した際、欧州委に事前に届け出て承認を得る義務を怠り、EUの合併規則に違反したとして、2800万ユーロ(約34億円)の制裁金を科すと発表した。
 今回の措置で欧州委の買収承認の判断が取り消されることはないが、キヤノンは「(制裁金に)同意できない」として、「欧州司法裁判所に提訴する」と明らかにした。 (C)時事通信社