【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、2019年度グローバルCSRプログラムの提携組織5団体を発表した。同プログラムは開発途上国と新興国での疾病予防と保健人材の育成を支援する活動。今年度の提携団体は、世界の同社従業員約2万人による投票で決定された。提携団体と活動内容は、シリアスファン・チルドレンズ・ネットワーク(重篤な疾患の子どもとその家族を支援するプログラム)、DNDi(「顧みられない熱帯病」の治療)、シティ・キャンサー・チャレンジ(質の高いがん治療)、国連財団(効果的な予防接種計画)、ユニセフ(ドローンや人工知能など最先端技術の医療への活用)。同プログラムが発足した16年度以降の拠出額は計105億円に上る。(C)時事通信社