【ビジネスワイヤ】米中に拠点を置くバイオ医薬品企業Terns・Pharmaceuticalsは、同業の仏ジェンフィと提携したと発表した。非アルコール性脂肪肝炎(NASH)および原発性胆汁性胆管炎(PBC)の治療薬としてジェンフィが開発するエラフィブラノールをTernsが大中華圏で開発する。またTernsのファルネソイドX受容体作動薬「TERN-101」などとエラフィブラノールの併用について研究する。エラフィブラノールはペルオキシソーム増殖因子活性化受容体アルファ・デルタに対する作動薬。(C)時事通信社