【ビジネスワイヤ】ヘルスケア機器のPHCホールディングス(東京都港区)は、米サーモフィッシャーサイエンティフィック傘下の解剖病理事業の買収を完了したと発表した。同事業は精緻ながん診断技術に強みを持つ。社名をEprediaに変更し、今後も顕微鏡のスライドガラスや各種機器、消耗品などを供給する。PHCは買収によって診断事業の強化を図り、既存事業分野との相乗効果を期待する。(C)時事通信社