エイズウイルス(HIV)に感染したマウスで、免疫細胞の染色体に組み込まれたHIVのDNAを除去する実験に成功したと、米テンプル大とネブラスカ大の研究チームが発表した。HIVの増殖を抑える抗ウイルス薬の作用が長く続くよう工夫した上で、遺伝子を効率良く改変するゲノム編集技術を使い、ウイルスDNAを「削除」したという。
 HIVを除去できたマウスの割合は約3割だった。研究チームは技術を改善し、霊長類での実験を経て臨床試験を目指す。HIVに感染した場合、現在は抗ウイルス薬を長く服用し続ける必要があるが、体内からHIVを除去できれば、抜本的な治療法になる。論文は2日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載される。 (C)時事通信社