光触媒効果で花粉を分解するなどとしたマスクのうたい文句には合理的な根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は4日、メーカー4社に再発防止を求める措置命令を出した。
 消費者庁によると、命令を受けたのは、DR.C医薬(東京都新宿区)、アイリスオーヤマ(仙台市)、大正製薬(東京都豊島区)、玉川衛材(千代田区)。
 4社はマスクに含まれる光触媒の効果で、アレルギーの原因となる花粉やウイルスを分解するなどとパッケージに記載。同庁が合理的な根拠を示す資料を求めたが、効果を裏付けるものとは認められないと判断した。 (C)時事通信社