【グローブニューズワイヤ】国際肺がん学会、ガーダントヘルス、国際肺がん連盟、アストラゼネカは、肺がんによる死を根絶するという大きな目標を掲げ、新たなパートナーシップであるラング・アンビション・アライアンスの発足を発表した。同パートナーシップの最初の目標は、2025年までに肺がん患者の5年生存率を2倍にすることだ。(C)時事通信社